目標の立て方が大事!ダイエットのモチベーションを維持するコツ

この記事の監修者
「Models」「ShapesGirl」運営 / AFAA認定パーソナルトレーナー
おぜき としあき

ダイエット・ボディメイク専門のパーソナルトレーナーの日本における第一人者。ボディメイク指導歴は20年以上、1万人以上の指導実績を持つ。著書に『5秒姿勢矯正ダイエット』(マガジンハウス)、『腹凹は太もも運動でつくれる 1日3分週3日でOK!』(SBクリエイティブ)など多数。

カテゴリー

  • 豆知識
2017.02.24

カテゴリー

  • 豆知識
2017.02.24

ダイエットに挫折した経験、何回ありますか? 「春までに体重を落としたい!」とダイエットを決意したのに、すぐに面倒になってやめてしまう......というのを毎年繰り返している人も多いはずです。
ダイエットってどうして続かないのでしょうか。これまで1万人以上のボディメイクを成功させてきたパーソナルトレーナーのおぜきとしあきさんに、ダイエットのモチベーションを維持するコツを教えてもらいました。

[続けるコツ1]現実的な目標を立てる!

まず、ダイエットが長続きしない人に多い原因について、単刀直入におぜきさんに聞いてみると......。

「いきなり高すぎる目標を立てているからです」とばっさり。

「たとえば、『1ヵ月で10㎏落とす』『1日1食にする』といった極端な目標を立てているケースが多いんです。こうしたダイエットは体にも負担が大きいですし、ストレスも溜まります。結果、つらくてすぐに挫折してしまうのです。また、極端な食事制限をしても筋肉が落ちるだけで、食べればすぐに体重が戻ります。むしろ前より体重が増加することもあるのです」とおぜきさん。

一瞬で体重が激減する魔法のようなダイエットはなく、現実的な目標を立てることが正しいダイエットの第一歩なんですね。では、適正な目標を立てるにはどうすればいいのでしょうか。

「無理なく痩せるためには、1ヵ月に今の自分の体重の3〜5%ずつ落とすのが目安です。50㎏なら2㎏前後ですね。月に-2㎏だと少なく感じるかもしれませんが、3カ月続ければ確実に体が変わります。少しずつ体を慣らしていきましょう」(おぜきさん)

[続けるコツ2]具体的なゴールのイメージを持つ!

途中で挫折しないためには、しっかりと目標を持つことが大切。そのために、おぜきさんがすすめするのが、理想とする体型の写真を持ち歩くことです。

「憧れのモデルさんの写真や、以前痩せていたときの自分の写真などスマホや手帳に入れておき、定期的に見るようにしてください。また、『この服が似合う体型になる』など、具体的な目標を持つのもいいでしょう。理想の体型のイメージが脳にインプットされて、ダイエットを続けるモチベーションが高まるはずです」(おぜきさん)

さらに効果的なのが、自分よりもスタイルが良い人と一緒にいる時間を作ることです。

「周りに細くてスタイルがいい人がいれば、自分の体型との違いに気が付いてモチベーションアップにつながります。また、スタイルが良い人と行動を共にすることで、彼女たちの生活習慣なども自然と身に付くはずです」(おぜきさん)

大切なのは、『自分の現実』を知るきっかけを作ることなんですね!

[続けるコツ3]痩せたいなら、きちんと食べること!

痩せようとして食事を抜くと、実はかえって太るリスクが高まってしまいます。

「食事は3食きちんと食べて、タンパク質、脂質、炭水化物をバランス良く摂ることで、筋肉が作られてカロリーの消費量が上がり、痩せやすい体になります。たくさん食べてしまった日の翌日に食事を抜く方がよくいますが、これはおすすめしません。カロリーを減らすよりも、少量ずつなるべく多くの品数を食べることを心がけてください」(おぜきさん)

食事を抜いて体重が落ちたとしても、それは一時的なもの。目先の体重の変化よりも、1カ月後の自分を信じましょう!

[続けるコツ4]数字に一喜一憂しない!

最近は体重を記録できるスマホのアプリが登場していて、使っている方も多いのではないでしょうか。記録することで目標に向かって頑張れるようになるため、ダイエットの成功率が上がると言われています。しかし、注意点もあります。

「ダイエット期間中は徐々に体重が落ちていくものですが、中には食べ過ぎの日もあれば、たまたま水分が多く排出される日もあり、体重は日々変動します。ちょっと体重が増えただけで落ち込んでしまう人の場合は、毎日記録をつけることがかえってストレスになってしまうことも。その場合は、数日置きに記録をつける程度で良いと思います」(おぜきさん)

自分の体重の変化は知っておくべきですが、気にしすぎないことも大切なんですね。

無理なく楽しく理想の体型を目指そう!

4つのコツを紹介しましたが、とはいえ1人でダイエットをしているとついサボってしまうことも。

「1人でモチベーションを保つのは大変です。できれば一緒にダイエットをする仲間がいると頑張れると思います。あるいは、家族や親しい友人などに打ち明けて、応援してもらうのも手です」とおぜきさん。

薄着の季節になるまでに痩せたい方は、今から始めれば間に合います。無理なく、楽しく、理想の体型を目指しましょう!

ビフィズス菌BifiX<ビフィックス>がお通じ改善に役立つ

グリコのBifiXヨーグルトシリーズに含まれているビフィズス菌BifiX<ビフィックス>は、自社が保有するおよそ1万種類の菌株の中から選び抜いたグリコ独自のビフィズス菌。
ビフィズス菌BifiXは、生きて腸に届くのはもちろん、おなかの中で「増える」ので、腸内環境を整え、便通・お通じ改善に役立ちます。

商品ラインナップも豊富にとり揃えています。プレーン加糖タイプは、ほんのりとしたやさしい甘みと口どけの良い食感で、忙しい朝にも手間なく食べられます。
果実の甘みを活かしたフルーツタイプ、ビフィズス菌がギュッと詰まった高濃度ドリンクタイプも、毎日続けられる飽きないおいしさで、家族の毎日の健康を支えます。

【届出表示】本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)が含まれます。
ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。
ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。


健康意識の高いあなたに。
おなかの調子スッキリで、もっと健康に!

【届出表示】本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)が含まれます。
ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。

この記事の監修者
おぜき としあき

ダイエット・ボディメイク専門のパーソナルトレーナーの日本における第一人者。ボディメイク指導歴は20年以上、1万人以上の指導実績を持つ。著書に『5秒姿勢矯正ダイエット』(マガジンハウス)、『腹凹は太もも運動でつくれる 1日3分週3日でOK!』(SBクリエイティブ)など多数。

あわせて読みたい

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう