ヨーグルトが健康にいいといわれる理由は?決め手はヨーグルト菌の力

この記事の監修者
東北大学大学院農学研究科教授
齋藤 忠夫

乳業会社に勤務後、東北大学大学院農学研究科博士課程修了、農学博士。アジア乳酸菌学会連合(AFSLAB)会長、日本酪農科学会(JDSA)会長、日本農芸化学会フェロー。国内外で多数の企業アドバイザーを担当し、食品企業における機能性食品開発事業にも取り組む。著書に『酵素ハンドブック』『ヨーグルトの事典』(朝倉書店)、『ミルクの先端機能』(弘学出版)、『現代チーズ学』(食品資材研究会)、『チーズの科学』(講談社ブルーバックス)ほか多数。

カテゴリー

  • 豆知識
2017.05.01

カテゴリー

  • 豆知識
2017.05.01

美容や健康のためにヨーグルトを食べている方も多いでしょう。せっかくヨーグルトを食べるなら、なぜ体にいいのかを知っておきたいもの。機能性ヨーグルト研究の第一人者といわれる東北大学大学院農学研究科の齋藤忠夫教授に、「ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌が腸にどんな作用を及ぼしているのか」についてお話を伺いました。

生きて腸まで届く「プロバイオティクス」の力とは?

ヨーグルトの多くには、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が含まれています。この乳酸菌とビフィズス菌が"生きて腸に届いて"、腸内細菌のバランスを整えてくれるのです。

このように体内にいい影響を与える、生きている菌のことを最近では「プロバイオティクス」と呼んでいます。

「乳酸菌やビフィズス菌は、プロバイオティクスの代表格です。プロバイオティクスは、殺菌や消化に関わる胃酸や胆汁酸に対抗できる強さがあるから腸までたどりつけ、体にいい作用を及ぼせるのです」(齋藤教授)

イラスト1.png

チーズやぬか漬け、キムチやザワークラウトなどの発酵食品の中には、プロバイオティクスの候補である乳酸菌がたくさん含まれています。なかでもヨーグルトは、においも気にならず美味しいので、いつでも気軽に食べられますね。

「なるべくたくさんのビフィズス菌を生きたまま腸に届けたいならば、空腹時は避けたほうがいいでしょう。ビフィズス菌はとくに胃酸(塩酸)に弱い菌です。空腹時は胃酸が多く、胃内の酸性度はとても高いので、死んでしまう菌がふえるからです」(齋藤教授)

ヨーグルトを食べるのであれば、胃酸が食べ物で薄まる食後のタイミングに食べるのがおすすめ。多くの生きた菌が腸に届くからです。ヨーグルトはタンパク質やカルシウム、ビタミン類などの手軽な栄養補給源として、また食べた充実感が強く腹持ちも良いので、小腹が空いたときにもぴったりですね。

腸内で"酸"をつくって、悪玉菌の繁殖を抑える

胃酸にも胆汁酸にも負けずに腸にたどりつけるビフィズス菌と乳酸菌ですが、腸の中では棲む場所が違ってきます。

その理由は酸素(O2)。乳酸菌の多くは小腸下部にいますが、プロバイオティクスとしてのビフィズス菌は酸素を苦手としているので、酸素のほとんどない大腸に棲んでいます。小腸は乳酸菌によって、大腸はビフィズス菌によって守られているといえますね。

「腸内がアルカリ性になると悪玉菌が有害物質をつくるため、弱酸性が腸の理想的な環境です。乳酸菌もビフィズス菌も酸をつくって、腸内環境を酸性にしてくれますが、ここでも乳酸菌とビフィズス菌には大きな違いがあります。

乳酸菌がつくるのは"乳酸(にゅうさん)"だけですが、ビフィズス菌は"乳酸"と"酢酸(さくさん)"を2:3の割合でつくります。酢酸には腸内で最も強力な殺菌作用があります」(齋藤教授)

イラスト.png

大腸にいるビフィズス菌が強力な殺菌作用のある酢酸をつくって、悪玉菌を抑えているのですね。

「ちなみに、腸壁はねばねばした粘液でおおわれていて、ビフィズス菌は、このねばねばのもととなっている"糖"もエサとして増殖し酢酸をつくることで抗菌性を示すと考えられています。年をとるとこの糖を含む粘液も減るので、ビフィズス菌の数も減ると推定されています」(齋藤教授)

動きのにぶい腸は、"酸"で刺激して動かそう

ThinkstockPhotos-621843786.png

大腸の動きがにぶくなった際に刺激を与えてくれるのが、乳酸菌とビフィズス菌によってつくられた乳酸や酢酸です。これらの酸が大腸の腸管を刺激すると、腸管から水分が分泌されて便をやわらかくし、大腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になります。

「乳酸菌がつくった乳酸は、他の腸内細菌が利用して最終的には"酪酸(らくさん)"がつくられます。酪酸は大腸壁の細胞を動かすエネルギー源となって蠕動(ぜんどう)運動をよりいっそう活発にします」(齋藤教授)

酸のはたらきは、(場所が体の奥にある大腸だけに!?)奥が深いですね。

ビフィズス菌と乳酸菌の力で、快適な毎日を

ThinkstockPhotos-628986356.png

大腸に刺激を与えるには、乳酸菌とビフィズス菌の力がかかせないのですね。ヨーグルトを食べるのを毎日の習慣にして、快適な日々を過ごしましょう。

ビフィズス菌BifiX<ビフィックス>がお通じ改善に役立つ

グリコのBifiXヨーグルトシリーズに含まれているビフィズス菌BifiX<ビフィックス>は、自社が保有するおよそ1万種類の菌株の中から選び抜いたグリコ独自のビフィズス菌。
ビフィズス菌BifiXは、生きて腸に届くのはもちろん、おなかの中で「増える」ので、腸内環境を整え、便通・お通じ改善に役立ちます。

商品ラインナップも豊富にとり揃えています。プレーン加糖タイプは、ほんのりとしたやさしい甘みと口どけの良い食感で、忙しい朝にも手間なく食べられます。
果実の甘みを活かしたフルーツタイプ、ビフィズス菌がギュッと詰まった高濃度ドリンクタイプも、毎日続けられる飽きないおいしさで、家族の毎日の健康を支えます。

【届出表示】本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)が含まれます。
ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。
ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。


健康意識の高いあなたに。
おなかの調子スッキリで、もっと健康に!

【届出表示】本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)が含まれます。
ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。

この記事の監修者
齋藤 忠夫

乳業会社に勤務後、東北大学大学院農学研究科博士課程修了、農学博士。アジア乳酸菌学会連合(AFSLAB)会長、日本酪農科学会(JDSA)会長、日本農芸化学会フェロー。国内外で多数の企業アドバイザーを担当し、食品企業における機能性食品開発事業にも取り組む。著書に『酵素ハンドブック』『ヨーグルトの事典』(朝倉書店)、『ミルクの先端機能』(弘学出版)、『現代チーズ学』(食品資材研究会)、『チーズの科学』(講談社ブルーバックス)ほか多数。

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう