カサカサの原因はおなかにもあった!身体のうるおいを支える善玉菌とは?

この記事の監修者
藤女子大学人間生活学部食物栄養学科 教授
池田 隆幸

1980年北海道大学農学部卒業。12年間の企業研究者、10年間の公務員(研究職)を経て、藤女子大学教授に。専門は食品微生物学、食品衛生学、分子生物学。『ヨーグルト摂取による便通の改善と腸内細菌への影響』などを研究。著書に『食べ物と健康 食品の安全性と衛生管理』(医歯薬出版)、『健康と食の安全を考えた食品衛生学実験』(アイケイコーポレーション)、『食べ物と健康V食品衛生学』(共立出版)など。

カテゴリー

2017.12.01

カテゴリー

2017.12.01

空気が乾燥して、なんだか身体がカサカサ...。『冬だからしょうがない』なんて、あきらめていませんか?実は、身体のうるおい不足には腸内環境も密接に関わっていることが、近年の研究で分かってきています。今回は、腸内環境と乾きの意外な関係をご紹介します!

悪玉菌だらけのおなかが、カサカサを生むわけとは?

pixta_16572544_Sdame.png

腸内環境とお通じが整わない状態は、美容にもさまざまな影響を起こしてしまいます。お通じが整わないと、本来は排泄されるはずだった老廃物が腸から再び吸収されて、血液を介して表面にまで届けられてしまうのです。
※お通じと美容の詳しい関係性については、『キレイを目指すならお通じにも注目!』でも解説しています

こうして引き起こされる美容の悩みはたくさんありますが、身体のカサカサの原因になっているのは、溜まった老廃物だけではないのだとか。

私たちの身体の細胞は、定期的に新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返していますが、お通じが滞っているときは新陳代謝がうまくいかなくなってしまいます。お通じが滞ったおなかの中は悪玉菌が多い状態ですが、この悪玉菌が、細胞の新陳代謝を阻害する『フェノール類』という物質を作り出すからです。

pixta_32110557_S.png

本来の新陳代謝では、身体の一番外側の表皮が垢となってはがれ落ち、皮下組織で作られた新しく健康な表皮と入れ替わっています。ところが新陳代謝がうまくいかないと、いわば『未完成』な状態の表皮と入れ替わってしまうことに。

未完成な状態の表皮は、本来備わっているはずの水分を保持する力がとても弱いため、いくら外側から水分を与えても蓄えられず、またすぐに乾いてしまいます。

◯◯菌を増やすことが、身体のうるおいに役立つ!

pixta_16572544_Skenkou.png

うるおい不足を根元から断ち切るためには、新陳代謝を正常な状態に整えてあげることが重要。そのためにも、新陳代謝を阻害するフェノール類を作り出す悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことをおすすめします。

善玉菌の中でも、腸内にビフィズス菌が多いと、表皮の水分量が上昇傾向にあったという実験結果があります。明確なメカニズムは研究段階ですが、ビフィズス菌は、えさである食物繊維やオリゴ糖などを分解し、粘り気のある『粘質多糖』という物質を作り出すのだそう。この『粘質多糖』が、乾きの原因となるフェノール類を減らしてくれるのです。また、ビフィズス菌には、ビタミンB群を作り出したり、ミネラルの吸収を促進したりする働きも認められています。

身体の中からうるおいをキープしてくれる力を持つビフィズス菌を増やすためには、どんなことをすればいいのでしょうか?

pixta_16107231_S.png

まずは当たり前ですが、ビフィズス菌を毎日補給することがあげられます。ビフィズス菌はもともと私たちのおなかの中にも住んでいますが、ビフィズス菌入りのヨーグルトなどを継続して食べることを心がけましょう。ビフィズス菌の中には、生きたまま腸に届いて、腸内環境を整えてくれる種類もあります。

そして、ビフィズス菌のえさになる食物繊維とオリゴ糖を多く含む食べ物をとることも重要です。特にバナナやりんごは食物繊維とオリゴ糖の両方が豊富に含まれている食べ物なので、まさにピッタリ!積極的にとるようにしましょう。カットしてヨーグルトに混ぜたり、同じくオリゴ糖が豊富なはちみつと合わせて、スムージーなどにしてもいいかもしれませんね。

身体のうるおいを保つため、おなかから調子を整えていきましょう!

[文・構成 ビフィックスマガジン編集部]

ビフィズス菌BifiX<ビフィックス>がお通じ改善に役立つ

グリコのBifiXヨーグルトシリーズに含まれているビフィズス菌BifiX<ビフィックス>は、自社が保有するおよそ1万種類の菌株の中から選び抜いたグリコ独自のビフィズス菌。
ビフィズス菌BifiXは、生きて腸に届くのはもちろん、おなかの中で「増える」ので、腸内環境を整え、便通・お通じ改善に役立ちます。

商品ラインナップも豊富にとり揃えています。プレーン加糖タイプは、ほんのりとしたやさしい甘みと口どけの良い食感で、忙しい朝にも手間なく食べられます。
果実の甘みを活かしたフルーツタイプ、ビフィズス菌がギュッと詰まった高濃度ドリンクタイプも、毎日続けられる飽きないおいしさで、家族の毎日の健康を支えます。

【届出表示】本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)が含まれます。
ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。
ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。


健康意識の高いあなたに。
おなかの調子スッキリで、もっと健康に!

【届出表示】本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)が含まれます。
ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。

この記事の監修者
池田 隆幸

1980年北海道大学農学部卒業。12年間の企業研究者、10年間の公務員(研究職)を経て、藤女子大学教授に。専門は食品微生物学、食品衛生学、分子生物学。『ヨーグルト摂取による便通の改善と腸内細菌への影響』などを研究。著書に『食べ物と健康 食品の安全性と衛生管理』(医歯薬出版)、『健康と食の安全を考えた食品衛生学実験』(アイケイコーポレーション)、『食べ物と健康V食品衛生学』(共立出版)など。

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう