爽やか&低カロリー!ひんやりデザート『ヨーグルトバーク』に挑戦!

この記事の監修者
若山 曜子

東京外国語大学フランス語学科卒業後、パリへ留学。ル・コルドン・ブルーパリ、エコール・フェランディを経て、パティシエ、グラシエ、ショコラティエ、コンフィズールのフランス国家資格(C.A.P)を取得。パリのパティスリーやレストランで経験を積む。現在は書籍や雑誌、テレビ、ブログを通しフランス料理や菓子の魅力を伝えるほか、自由が丘付近の自宅で少人数制のお菓子と料理の教室を主宰している。 著書に『ヨーグルトの冷たいお菓子と焼き菓子』(世界文化社)など。

カテゴリー

2018.06.27

カテゴリー

2018.06.27

さっぱりしていて低カロリー、SNS映えするおしゃれなアイスデザート『ヨーグルトバーク』。低カロリーでグルテンフリーなので、ダイエット中の人にもうれしいデザートです。

今回は、ヨーグルトを使ったお菓子のレシピ提案を行っている料理研究家・若山曜子先生の書籍『ヨーグルトの冷たいお菓子と焼き菓子』を参考に、編集部のスタッフが実際に『ヨーグルトバーク』を作ってみました。

そもそも、ヨーグルトバークって何?

1テキスト内.png

ヨーグルトのアイスデザートといえば、真っ先に思い浮かぶのは『フローズンヨーグルト』という人も多いのでは?でも、なめらかな口当たりにするために、途中かき混ぜて空気を含ませたり、フルーツをミキサーにかけたり、ちょっと手間がかかるのが難点でした。

しかし、ヨーグルトバーグは作るのが簡単。「水きりしたヨーグルトに甘みを加えて、板状に広げて冷やし固めるだけ」(若山先生)なのです。軽やかな酸味があり、ヨーグルトのおいしさをストレートに味わうことができます。一緒に固めるフルーツやナッツ、ジャムの組み合わせも自在で、バリエーション豊かなのも魅力。

ヨーグルトバークのバークとは、樹の皮のこと。薄く割れた形が樹の皮に似ているところから、この名前がついたのだとか。手でパリパリ割って、手軽に食べることもできます。

まずは基本の水きりヨーグルトの作り方

2テキスト内.png

ペーパータオルを敷いたザルにプレーンヨーグルトを入れて、水分が少し残ったおぼろ豆腐のような状態になるまで水気をきります。

* 少量の時はペーパーフィルターをセットしたコーヒードリッパーを使っても便利です。

「ザルの下におちた水分は乳清(ホエイ)です。捨てるなんてもったいない。たんぱく質や水溶性のビタミン、ミネラル、乳酸菌も豊富ですし、からだへの吸収がとてもよいのでどんどん活用しましょう。そのまま、または牛乳とはちみつを加えて飲んだり、味噌汁やスープなどに加えてコクだしに使ったり、マヨネーズと混ぜてドレッシング代わりにしてもよいでしょう」(若山先生)

おいしさと見た目のバランスを考えて、組み合わせをチョイス!

3見出し.png

作り方はいたって簡単。水きりしたヨーグルトに甘みを加え、バットに広げて、お好みのフルーツやナッツ、シリアルをトッピングして、あとは冷凍庫で凍らせるだけ。でも、いくつかポイントがあるのだそうです。

○手で割るなら薄さは7〜8ミリに

○トッピングは2〜3種に

○色や食感でメリハリを

「分厚いと割りにくいので、薄く伸ばして。トッピングはごちゃごちゃのせすぎずにスッキリと。色のコントラストや食感の違うものを加えるなどで変化をつけましょう」(若山先生)

《基本の作り方》

4テキスト内.png

甘みの目安は、水きりしたヨーグルト約150gに対して、「グラニュー糖大さじ1と1/2~2とはちみつ小さじ1~2」とのことですが、今回は「グラニュー糖大さじ1、はちみつ小さじ2」を入れました。

泡立て器でよく混ぜてから、オーブンペーパーを敷いたバットに広げ、トッピングをして冷凍庫に入れて待つこと2時間半。食べやすい大きさに手で割って盛りつけました。

◎ドライフルーツとナッツ、シリアルのヨーグルトバーク

5テキスト内.png

上の写真は、手前が「レーズンとドライマンゴー&パパイヤ」、奥が「フローズン苺入りグラノーラ」です。他にも、クランベリーやアプリコットなどのドライフルーツや、アーモンド、ピスタチオなどのナッツをのせてもOK。冷凍のベリー類を使えば、ちょっと贅沢な雰囲気のデザートになります。

◎マーブルヨーグルトバーク

6テキスト内.png

次に挑戦したのは、ジャムを混ぜ込んだマーブルヨーグルトバーク。見た目も楽しく、いろいろな味わいが溶け合っておいしい!

フルーツとナッツのヨーグルトバーグと同じようにしてバットに広げたら、お好みのジャムをところどころに落とし、スプーンの背で広げてマーブル状に。冷凍庫で2時間以上固めたら、切り分けていただきます。ジャム以外にも「練乳で溶いた抹茶」や「ねり黒ごま(甘みははちみつで足して)」もオススメなのだとか。

低脂肪のさっぱりデザート、ダイエット中のおやつにもオススメ

7見出し.png

アイスバーのようにみえて実は低カロリー、ヨーグルトの栄養も摂れる優れものデザート。作り方も簡単で、見た目も華やか!冷たいものが欲しくなる夏のおやつに、いろいろアレンジして楽しんでみてくださいね。

[文・構成 ビフィックスマガジン編集部]

ビフィズス菌BifiX<ビフィックス>がお通じ改善に役立つ

グリコのBifiXヨーグルトシリーズに含まれているビフィズス菌BifiX<ビフィックス>は、自社が保有するおよそ1万種類の菌株の中から選び抜いたグリコ独自のビフィズス菌。
ビフィズス菌BifiXは、生きて腸に届くのはもちろん、おなかの中で「増える」ので、腸内環境を整え、便通・お通じ改善に役立ちます。

商品ラインナップも豊富にとり揃えています。プレーン加糖タイプは、ほんのりとしたやさしい甘みと口どけの良い食感で、忙しい朝にも手間なく食べられます。
果実の甘みを活かしたフルーツタイプ、ビフィズス菌がギュッと詰まった高濃度ドリンクタイプも、毎日続けられる飽きないおいしさで、家族の毎日の健康を支えます。

【届出表示】本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)が含まれます。
ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。
ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。


健康意識の高いあなたに。
おなかの調子スッキリで、もっと健康に!

【届出表示】本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)が含まれます。
ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。

この記事の監修者
若山 曜子

東京外国語大学フランス語学科卒業後、パリへ留学。ル・コルドン・ブルーパリ、エコール・フェランディを経て、パティシエ、グラシエ、ショコラティエ、コンフィズールのフランス国家資格(C.A.P)を取得。パリのパティスリーやレストランで経験を積む。現在は書籍や雑誌、テレビ、ブログを通しフランス料理や菓子の魅力を伝えるほか、自由が丘付近の自宅で少人数制のお菓子と料理の教室を主宰している。 著書に『ヨーグルトの冷たいお菓子と焼き菓子』(世界文化社)など。

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう