1分からできる!「指ヨガ」でおなかケア

この記事の監修者
龍村ヨガ研究所所長
龍村 修

NPO法人沖ヨガ協会理事長、NPO法人日本YOGA連盟副理事長、国際総合生活ヨガ研修会主宰。1973年求道ヨガの世界的権威、沖正弘導師の内弟子になる。以後、導師に同行し世界10数ヵ国以上でヨガ指導経験を持つ。1985年導師没後、沖ヨガ修道場長を経て1994年独立。龍村ヨガ研究所を開設する。『指ヨガで健康になる:くわしい図解ですぐできる』(河出書房新社)他、ヨガにまつわる著書多数。

カテゴリー

  • 運動
2018.09.07

カテゴリー

  • 運動
2018.09.07

ヨガが心身によいことはよく知られていますが、みなさん、仕事や家事のスキマ時間に思い立ったらすぐにできる『指ヨガ』はご存じでしょうか?手や指をもむだけで、全身ヨガと同様にスッキリできるんです。

龍村ヨガ研究所所長の龍村修さん監修のもと、「胃腸不良」と「お通じの滞り」をたすける、『指ヨガ』のやり方をご紹介します。「全身ヨガはハードルが高い」「忙しくてまとまった時間がとれない」方でも簡単にできるのが魅力です。

「指ヨガ」なら、手や指をもむだけでOK!

ph1.png

古くから、東洋医学には「部分のなかに全身の情報がある(=部分即全体)」という考え方があります。例えば、「足裏に全身のツボがある」という話は聞いたことがある人も多いはず。龍村さんが長年のヨガ指導の経験と、鍼療法である『高麗手指鍼』の相関図をもとに考案した『指ヨガ』では、同じように「手も全身に対応している」と考えます。手にさまざまな刺激を与えながら、息を吐き、身体の各場所を意識しながらもむことにより、心身に働きかけます。

●手と全身は対応している「手指と身体の相関図」

手のひら.png手の甲.png

手のひらが身体の正面を、手の甲は身体の背面に対応すると考えます。例えば、手の中心が、身体の中心であるおへそにあたる...という具合です。

おなかの不調をサポートするもみかた、教えます!

とくに「胃腸不良」と「お通じの滞り」によい『指ヨガ』のやり方をお伝えします。「最近、おなかの調子が整わない」という方はぜひ試してみてくださいね。

・準備
手が冷えているときは手をこすりあわせたり、お湯につけたりして温め、血行をよくしておきましょう。ツメは切っておくとよいでしょう。『指ヨガ』では、もみながら息をゆっくり吐ききることがポイントになります。長く、しっかり呼吸することで、呼吸が深くなり自律神経が安定しますし、リラックス効果もアップしますよ。スタート前に深呼吸しておくとよいでしょう。

●「胃腸不良」のときのもみ方

食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスなどで疲れた胃腸によいもみ方です。『指ヨガ』では、手のひら全体が胃腸にあたるため、手のひら全体をまんべんなくもみましょう。1)2)とも、両手で同じように行います。おなかの調子が気になる方は、普段から手のひらをもむのを習慣にしては。

1)手のひらの中央をやや強めに押す
「ハーッ」とゆっくり息を吐きながら、おへそに対応する、手のひらの中心をやや強めに押します。

左手_丸.png

2)手のひらの中心から時計回りに押す
ゆっくり息を吐きながら、おへそに当たる①を中心に、手のひらを9分割します。①から時計回りに②→⑨と順番に押していきます。違和感がある場所があれば、そこをしっかりもむようにしましょう。

両手.png

●「お通じが滞っている」ときのもみ方

おなか(腸)に刺激を与え、お通じに働きかけるもみ方です。『指ヨガ』では手のひらの真ん中からやや下の部分が腸に関係していると考えます。左右の手のひらを押してもんだら、下側を繰り返しもみましょう。1)2)とも、両手で同じように行います。

1)手のひらの中心から時計回りにもむ
「ハーッ」と息をゆっくり吐きます。おへそに対応する①から②→⑨と時計回りで手のひら全体をまんべんなく押します。

左手.png

2)手のひらの下側を時計回りにもむ
ゆっくり息を吐きながら、①②③⑦⑧⑨を繰り返し、押してもみます。

右手.png

・注意事項
飲酒後、食後1時間後に行うのは避けましょう。発熱時、ケガ、病気など体調不良のときも控えてください。

自宅のソファーに座っているときや通勤中の待ち時間など、スキマ時間に1分からできる『指ヨガ』。おなかの調子が気になるときはもちろん、ちょっとしたリフレッシュにもおすすめですよ。

[文・構成 ビフィックスマガジン編集部]

ビフィズス菌BifiX<ビフィックス>がお通じ改善に役立つ

グリコのBifiXヨーグルトシリーズに含まれているビフィズス菌BifiX<ビフィックス>は、自社が保有するおよそ1万種類の菌株の中から選び抜いたグリコ独自のビフィズス菌。
ビフィズス菌BifiXは、生きて腸に届くのはもちろん、おなかの中で「増える」ので、腸内環境を整え、便通・お通じ改善に役立ちます。

商品ラインナップも豊富にとり揃えています。プレーン加糖タイプは、ほんのりとしたやさしい甘みと口どけの良い食感で、忙しい朝にも手間なく食べられます。
果実の甘みを活かしたフルーツタイプ、ビフィズス菌がギュッと詰まった高濃度ドリンクタイプも、毎日続けられる飽きないおいしさで、家族の毎日の健康を支えます。

【届出表示】本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)が含まれます。
ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。
ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。


健康意識の高いあなたに。
おなかの調子スッキリで、もっと健康に!

【届出表示】本品にはビフィズス菌BifiX(B.lactis GCL2505)が含まれます。
ビフィズス菌BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した食品です。

この記事の監修者
龍村 修

NPO法人沖ヨガ協会理事長、NPO法人日本YOGA連盟副理事長、国際総合生活ヨガ研修会主宰。1973年求道ヨガの世界的権威、沖正弘導師の内弟子になる。以後、導師に同行し世界10数ヵ国以上でヨガ指導経験を持つ。1985年導師没後、沖ヨガ修道場長を経て1994年独立。龍村ヨガ研究所を開設する。『指ヨガで健康になる:くわしい図解ですぐできる』(河出書房新社)他、ヨガにまつわる著書多数。

あわせて読みたい

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう